多機能型事業所え~る

NPO法人つばさねっと

「NPO法人つばさねっと」は、平成26年7月に設立した特定非営利法人です。
多機能型事業所え~るの運営を中心に、障害福祉の普及および支援活動を行っています。

ここでは、え~るの運営以外のつばさねっとの活動などを紹介します。

ボッチャ活動

パラスポーツの一つである「ボッチャ」を通じて、障害者や健常者の垣根を越えて地域で交流を図っていきます。

2019.10.27

チームTSUBASA、彩の国ふれあいピック秋季大会で好成績!

2019年10月27日(日)、熊谷スポーツ文化公園で「令和元年度彩の国ふれあいピック秋季大会(第32回県民総合スポーツ大会兼第18回埼玉県障害者スポーツ大会)」が催されました。

NPOつばさねっとからは、有志がふれあい広場に出店し、チームTSUBASAが「多機能型事業所え~る」としてボッチャ種目に出場しました。
今回のチームTSUBASAの出場者は、投げるメンバーが2名、ランプスを使うメンバーが1名。
ちなみに今大会がチームTSUBASAにとって初めての公式ルールでの大会出場になりました。

第一試合は、VS.くまちゅうB!熊谷特支中学部チームがお相手。
第1エンドに6点先取し、第2エンドで1点失点するも、6-1で勝利!
続く第二試合、VS.ひまわり会A!ひまわり会はボッチャ強豪チームとして知られている強敵です。
第1エンド、強豪相手に5点を獲得!第2エンドも相手に点を与えず1点確保!なんと6-0で大勝利!

よってチームTSUBASAは今大会全勝で収めました!
今回の勝因は、ジャックボールに隣接するほどの好位置に自陣ボールを上手く集められたこと。シンプルに、相手に付け入る隙を与えない展開になりました。
きっとメンバー全員にとって大きな自信になったと思います。

また、出店の方でも嬉しいニュースが!
え~るの利用者が織り上げたさをり織りのギターストラップを埼玉県知事の大野元裕さんにお買い上げ頂きました。 大野知事は「元日のイベントで使います」と言って頂けたので、一同楽しみにしております!

ふれあいピック
ふれあいピック

2019.8.25

富士見市のパラリンピック競技体験イベントに参加協力しました!

2019年8月25日(日)、富士見市立市民総合体育館で「パラリンピック競技を体験しよう!in富士見」が催されました。
本イベントは、パラリンピック・障害者スポーツの競技体験を通して、それらへの理解や来年に控えた東京大会の機運を高める目的で富士見市が主宰しています。

チームTSUBASAも趣旨に賛同し、ボッチャブースのお手伝いとしてイベントに参加してまいりました!

講師の工藤さんとともに、体験に訪れたお客さんと実際のゲーム形式でボッチャをプレイ。
ボールを投げることが難しい障害者ともランプスを用いて対等にゲームが出来る、ボッチャの魅力を直接伝えることが出来ました!

これからもチームTSUBASAは、ボッチャの普及活動に協力してまいります!

余談ですが、当日はえ~るの利用者も数名遊びに訪れ、その中の一人は本イベントの司会を務めた富士見市PR大使の飯田里穂さんのファンで、近くで見られて非常に満足していました(笑)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会関連事業第6弾『パラリンピック競技を体験しよう!in富士見』を開催しました!|富士見市(外部リンク)

パライベント

2019.6.20

チームTSUBASA、「皆援隊主催 第1回腕だめしボッチャ大会」に参加!

2019年6月20日(土)に埼玉県障害者交流センターで開催された「皆援隊主催 第1回腕だめしボッチャ大会」に、NPO法人つばさねっとのボッチャチーム「チームTSUBASA」が参加しました。

大会の一週間前に「チームTSUBASA」(但し直前のため参加名義は「え~る」)と命名し、いつもえ~るがお世話になっている皆援隊さんの大会が記念すべきNPO法人つばさねっとボッチャチームの初陣となりました!
チームは、え~るの利用者と職員、つばさねっとの正会員らの有志で編成しています。

デビュー戦の結果は、4位!(全4チーム中)
一朝一夕ではなかなかに厳しいというのは、どのスポーツでも一緒ですね。チームTSUBASAの今後の活躍にご期待ください!

ボッチャ大会

2019.3

NPO法人つばさねっとボッチャチーム 設立準備委員会、始動!

Creema | ハンドメイド・手作り・クラフト作品の通販、販売サイト minne  ハンドメイド・手作り・クラフト作品のマーケット